本文へスキップ

The Japanese Association for Rural Studies
[English]

年報と大会・研究会SERVICE&PRODUCTS

ページ内リンク

[年報]  [大会]  [研究会]  [委員名簿]

年報 村落社会研究

年報
「年報 村落社会研究52 現代社会は『山』との関係を取り戻せるか」

【共通テーマ】 現代社会は「山」との関係をどう取り戻すことができるのか
序章 特集の解題 藤村美穂
第一章 2000年代以降の森林・林業政策と山村
    ―森林計画制度を中心に― 佐藤宣子
第二章 農山村に刻まれた森林の歴史
    ―人工林と農家のコーホート― 山本美穂
第三集 近代山村における林業移動と人的関係網
    ―広狭域に及ぶ山村像の把握に向けて― 福田恵
第四章 現代山村における地域資源の自給的利用と定住促進の可能性
    ―林野を活かす高齢者と若手移住者の暮らしを手がかりに― 相川陽一
第五章 「山」を忘れた山村のしのぎあい
    ―「スキー・リゾート開発」以後の生活組織化をめぐって― 松村和則

終章 現代社会は山との関係を取り戻せるか 藤村美穂

【研究動向】
史学・経済史学の研究動向
農業経済学の研究動向
社会学・農村社会学の研究動向
林業および林業経済・経営の研究動向

第六十三回村研大会記事
編集後記

過去の年報

こちらをご参照ください(外部リンク)。

学会大会

第65回(2017年度)大会の案内


日程:2017年11月10日(金)・11月11日(土)・11月12日(日)
11月10日(金):エクスカーション・各種委員会・理事会
11月11日(土):自由報告・地域シンポジウム・総会・懇親会
11月12日(日):テーマセッション
場所:春野協働センター、春野山の村など(静岡県浜松市天竜区春野町)

詳細はこちらのページをご参照ください。

自由報告の募集について

第65回大会における自由報告を募集します。多くの会員の報告を期待しております。報告希望者は、7月21日(金)までにタイトルおよび報告者名と所属を、8月16日(水)までに報告要旨(1200字程度)を、事務局内研究委員会宛に(e-mail、郵便、faxのいずれかにて)お送りください。

若手会員の大会発表・参加への補助について

 本件につきましては若手会員支援のページをご参照ください。

研究会の案内

今後開催される研究会の情報


第29回:村落研究を語る会

「村落研究を語る会」を下記の要領で開催します。ふるってご参加下さい。

報告論題 制度としての村と実態としての「ムラ」
報告者  岩本 由輝 先生
日時  2018年1月27日(土)
    午後2時~午後6時
会場  東北学院大学・サテライトステーション       
    (会場は変更の可能性があります)

* 研究会終了後の懇親会の参加希望者は、
 1月20日(土)正午までに永野に連絡ください。
 研究会のみの参加は連絡の必要はありません。
                          
呼びかけ人
小林一穂,佐久間政広,中島信博,永野由紀子,長谷部弘,吉野英岐

お問い合わせ先
  永野由紀子 naganoy[at]isc.senshu-u.ac.jp

九州地区研究会のお知らせ

 以下の要領で地区会を実施します。今年のテーマセッション「継承」というテーマにあわせて、藤村先生、松本先生のお二人からご報告をいただきます。九州の農村からの詳細な調査にもとづく報告をいただけると思います。ふるってご参加ください。なお、終了後、簡単な懇親会を開催いたします。

日時 2017年10月15日(日曜日) 14時~17時
場所 佐賀大学本庄キャンパス 農学部3号館
   詳細はhttp://www.saga-u.ac.jp/gaiyo1/campusmap/をご覧ください。
   最寄り駅はJR佐賀駅です。佐賀駅バスセンター(駅東口)から大学前までバスが出ております。所要時間は15分程度です。13時12分か13時30分のバスでお越しください。構内駐車場は有料です。

報告者・報告タイトル

第1報告 松本貴文(下関市立大学) 再生可能エネルギーによる集落再生は可能か―熊本県上益城郡山都町水増集落の事例から―
第2報告 藤村美穂(佐賀大学) 農的自然の継承―震災後の阿蘇の草原を事例として―

連絡・お問合せ 牧野厚史(熊本大学)
        〒860-8555熊本市中央区黒髪2丁目40-1
        熊本大学文学部 総合人間学科
        e‐mail:atsushi[at]kumamoto-u.ac.jp

過去の地区研究会

こちらをご参照ください。

研究・年報編集委員会

1. 研究委員会

   氏 名  地 区  所 属
委員長 牧野 厚史 九州  熊本大学
副委員長  小内 純子  北海道 札幌学院大学
委員 佐久間 政広 東北 東北学院大学
佐藤 真弓 関東  農林水産政策研究所 
奥井 亜紗子 関西・東海 京都女子大学
川田 美紀 大阪産業大学 
藤井 和佐 中四国  岡山大学 

2. 年報編集委員会

  氏 名 所 属
委員長 山内 太 京都産業大学
 副委員長 築山 秀夫 長野県短期大学
委 員 玉里 恵美子 高知大学 
松宮 朝  愛知県立大学 
高野 和良 九州大学
米家 泰作 京都大学

バナースペース

日本村落研究学会事務局

〒352-8501
埼玉県新座市中野1-9-6
跡見学園女子大学観光コミュニティ学部コミュニティデザイン学科
靍理恵子研究室
TEL: 048-478-4265
FAX:048-478-3746(学科代表)
e-mail:tsuru[at]atomi.ac.jp

口座記号番号:00150-9-387521
口座名:日本村落研究学会(ニホンソンラクケンキュウガッカイ)