本文へスキップ

The Japanese Association for Rural Studies
[English]

年報と大会・研究会SERVICE&PRODUCTS

ページ内リンク

[年報]  [大会]  [研究会]  [委員名簿]

年報 村落社会研究

年報
「年報 村落社会研究52 現代社会は『山』との関係を取り戻せるか」

【共通テーマ】 現代社会は「山」との関係をどう取り戻すことができるのか
序章 特集の解題 藤村美穂
第一章 2000年代以降の森林・林業政策と山村
    ―森林計画制度を中心に― 佐藤宣子
第二章 農山村に刻まれた森林の歴史
    ―人工林と農家のコーホート― 山本美穂
第三集 近代山村における林業移動と人的関係網
    ―広狭域に及ぶ山村像の把握に向けて― 福田恵
第四章 現代山村における地域資源の自給的利用と定住促進の可能性
    ―林野を活かす高齢者と若手移住者の暮らしを手がかりに― 相川陽一
第五章 「山」を忘れた山村のしのぎあい
    ―「スキー・リゾート開発」以後の生活組織化をめぐって― 松村和則

終章 現代社会は山との関係を取り戻せるか 藤村美穂

【研究動向】
史学・経済史学の研究動向
農業経済学の研究動向
社会学・農村社会学の研究動向
林業および林業経済・経営の研究動向

第六十三回村研大会記事
編集後記

過去の年報

こちらをご参照ください(外部リンク)。

学会大会

第65回(2017年度)大会の案内


日程:2017年11月10日(金)・11月11日(土)・11月12日(日)
11月10日(金):エクスカーション・各種委員会・理事会
11月11日(土):自由報告・地域シンポジウム・総会・懇親会
11月12日(日):テーマセッション
場所:春野協働センター、春野山の村など(静岡県浜松市天竜区春野町)

詳細はこちらのページをご参照ください。

自由報告の募集について

第65回大会における自由報告を募集します。多くの会員の報告を期待しております。報告希望者は、7月21日(金)までにタイトルおよび報告者名と所属を、8月16日(水)までに報告要旨(1200字程度)を、事務局内研究委員会宛に(e-mail、郵便、faxのいずれかにて)お送りください。

若手会員の大会発表・参加への補助について

 本件につきましては若手会員支援のページをご参照ください。

研究会の案内

今後開催される研究会の情報


北海道地区研究会開催案内

 本年度の村研北海道地区研究会を下記の日程で開催致します。今回は、細山さんと柳村会員に報告をお願いしました。今年度の日本村落研究学会のテーマセッションに合わせて「継承」に関わる報告をお願いしました。多数の御参加をお願い致します。また,非会員の方にも是非お声をお掛け下さい。

日時:9月9日(土) 14時~17時
場所:北海道大学農学部3F農業経済学科多目的室(S302)

報告
1.細山 隆夫(北海道農業研究センター・水田作研究領域)
「大区画圃場整備地域における大規模借地経営の出作・面的集積と
農村集落の方向性―北陸・新潟県上越市三和区の動き―」
  
2.柳村俊介(北海道大学農学研究院)
  「農業経営継承問題の分析視角」

*研究会後に、懇親会を予定しています。
地区研究会担当 小内 純子(札幌学院大学)
onai[at]sgu.ac.jp

関東地区研究会開催案内(村研ジャーナル編集委員会との共催企画)

共通テーマ
限界集落論を再考する――山村福祉研究会の取り組みと提唱者の語りを通して
日時:2017年8月26日(土曜日)14:00~18:00
会場:東京麻布台セミナーハウス
〒106-0041 東京都港区麻布台1-11-5

プログラム
第1部 山村福祉研究会による限界集落論の新展開(静岡県旧佐久間町での調査に基づいて)
〇報告
   ・丸山真央氏「限界集落論から「むらの福祉」を考える」(会員、滋賀県立大学、地域社会学)
   ・石田光規氏「山間村落の孤立と関係の再編」(非会員、早稲田大学、社会ネットワーク論)
   ・三田泰雅氏「限界期における親睦活動の意義と課題」(会員、四日市大学、家族社会学・都市社会学)
〇コメンテーター
   ・大野晃氏(会員、高知大学名誉教授)
   ・佐藤康行氏(会員、新潟大学教授)
〇趣旨説明・司会進行
   ・相川陽一(会員、長野大学)

第2部 公開座談会:限界集落論の構想と到達点――大野先生の研究の軌跡に即して
〇発題:大野晃氏
〇聞き役:第1部の報告者とフロアより(調整中)
  ※調整中の報告タイトルやコメンテーター等は後日学会ホームページにて公開いたします

テーマと概要
 今回の研究会では、限界集落という概念が提唱されてから(1988年)、30年が経過しようとしていることをふまえ、限界集落論の研究状況と新たな展開可能性について、議論を展開したいと考えています。限界集落という概念は、1990年代から2000年代にかけての日本社会に大きなインパクトを与えた社会学用語の一つであり、学術研究の領域のみならず、国家や自治体の政策・施策、農山村の住民活動など、さまざまな分野に広まり、議論を喚起しました。概念の提唱から30年が経過しようとするいま、概念規定をはじめ、村落や自治体を分析する際の有効性と課題点など、さまざまな観点から議論にさらされてきた限界集落論について、その到達点と課題点などを議論し、新たな展開に向けて汲み取るべき可能性を検討する機会を設定したいと考え、本研究会を企画しました。
 たとえば、現代資本主義の構造的矛盾の具現化された形態として、限界集落を全体社会の中に位置づけようとする限界集落論の基本視点は、新自由主義政策のもと、公共セクターの「撤退」が進行しようとしている農山村において、マクロな政策動向と村落研究を連結する視点を提供し得る可能性を有しているように思われます。この他にも、さまざまな観点から限界集落論には、批判的な継承可能性が存しているように思われます。
 本研究会は、第1部と第2部で構成しています。第1部では、若手研究者による限界集落論の展開状況を報告いただきます。全国的にみても高齢化と人口減少が顕著に進行する地域の一つである三遠南信地域に位置する静岡県旧佐久間町(現浜松市天竜区佐久間町)をフィールドに、集落悉皆調査(2010年より5年ごとに3集落で実施、継続中)や自治体レベルの質問紙調査など、複数の調査手法を併用して、限界集落論の新たな展開を模索している若手研究者グループ「山村福祉研究会」より、共同研究の成果の一端をご報告いただきます。
 続く第2部では、限界集落概念の提唱者である大野晃先生より、農山村と都市の両フィールドで進めてこられた長年の研究の歩みをお話しいただき、限界集落論の構想に至った経過や現段階での到達点、今後の展開可能性について、フロアのみなさまと議論を深めていきたいと考えています。

懇親会のご案内
・研究会終了後、事前申し込み制にて懇親会を開催いたします。場所は会場候補地の麻布大セミナーハウスから地下鉄一駅分程の距離にある虎ノ門駅・霞ヶ関駅付近(→懇親会場は【麻布台セミナーハウス付近】に変更になりました:8月7日訂正)にて、会費は5,000円の予定です。ご参加いただける方は、お手数ですが8月10日(木)までに佐藤(下記)までご連絡ください。


お問い合わせ先
・関東地区研究委員 佐藤真弓(農林水産政策研究所)satomayumi[at]affrc.go.jp
・村研ジャーナル企画委員 相川陽一(長野大学環境ツーリズム学部)aikawa.y[at]gmail.com

中国・四国地区研究会開催案内

日時:2017年9月15日(金)13:30~17:00 (13時に開錠します)
  *研究会終了後、岡山駅近くで意見交換会を予定
場所:岡山大学津島北キャンパス 文・法・経済学部1号館 3階356(岡山市北区津島中3-1-1)
岡山大学文学部アクセスマップ

第1報告 九鬼 康彰(岡山大学)
「小規模山村集落の持続可能性とそのドライビングフォース」(仮)
 獣害対策の改善をきっかけに関わり続けてきた和歌山県古座川町の一集落を例に、10年間の集落の変化と現在の住民意識に関する調査結果を示し、集落を持続可能にするにはどのような力が必要かを考察する。

第2報告 大竹 晴佳(新見公立短期大学)
「蒜山地域における農地の継承」(仮)
 岡山県真庭市蒜山地域を事例に、農地継承の実態について報告する。地理的・歴史的条件が異なる旧3村の比較、また、酪農が中心である地域とそうでない地域における農地利用の比較などを通して、蒜山の人びとの土地や地域に対する向き合い方を探る。

連絡先:藤井 和佐(岡山大学) e-mail:fwasa[at]cc.okayama-u.ac.jp

第28回:村落研究を語る会
(村落リサーチセミナー主催))

「村落研究を語る会」を下記の要領で開催します。
ふるってご参加下さい。

報告論題 ある小作農民の日記から
ー暮らしと時代ー
報告者  細谷 昂 先生
日時  2017年7月8日(土)
    午後2時~午後6時
会場  東北大学・川内南キャンパス
    経済学部棟大会議室(4階) 
      
* 研究会終了後の懇親会の参加希望者は、6月30日(正午)までに永野に連絡ください。研究会のみの参加は連絡の必要はありません。

                           呼びかけ人
小林一穂,佐久間政広,中島信博,永野由紀子,長谷部弘,吉野英岐

お問い合わせ先
 長谷部弘  hhasebe[at]econ.tohoku.ac.jp
 永野由紀子 naganoy[at]isc.senshu-u.ac.jp

過去の地区研究会

こちらをご参照ください。

研究・年報編集委員会

1. 研究委員会

   氏 名  地 区  所 属
委員長 牧野 厚史 九州  熊本大学
副委員長  小内 純子  北海道 札幌学院大学
委員 佐久間 政広 東北 東北学院大学
佐藤 真弓 関東  農林水産政策研究所 
奥井 亜紗子 関西・東海 京都女子大学
川田 美紀 大阪産業大学 
藤井 和佐 中四国  岡山大学 

2. 年報編集委員会

  氏 名 所 属
委員長 山内 太 京都産業大学
 副委員長 築山 秀夫 長野県短期大学
委 員 玉里 恵美子 高知大学 
松宮 朝  愛知県立大学 
高野 和良 九州大学
米家 泰作 京都大学

バナースペース

日本村落研究学会事務局

〒352-8501
埼玉県新座市中野1-9-6
跡見学園女子大学観光コミュニティ学部コミュニティデザイン学科
靍理恵子研究室
TEL: 048-478-4265
FAX:048-478-3746(学科代表)
e-mail:tsuru[at]atomi.ac.jp

口座記号番号:00150-9-387521
口座名:日本村落研究学会(ニホンソンラクケンキュウガッカイ)