本文へスキップ

The Japanese Association for Rural Studies
[English]

年報と大会・研究会SERVICE&PRODUCTS

ページ内リンク

[年報]  [大会]  [研究会]  [委員名簿]

年報 村落社会研究

年報
『年報 村落社会研究53 協働型集落活動の現状と展望』

【共通テーマ】日本農山村における“協働"型集落活動の可能性
序 章 農政の展開と協働型集落活動の今日的特徴 小内純子
第一章 農業構造改革と農村社会の再生は両立するか
     ―「車の両輪」政策と協働型集落活動― 柳村俊介
第二章 農村社会における集落営農の意義と新たな展望
     ―島根県の中山間地域を事例に― 今井裕作
第三章 ボランタリー地域組織による生活課題への取り組み
     ―要支援世帯の除雪問題を事例として― 澁谷美紀
第四章 Iターン移住者、集落支援員による「協働」型集落活動
     ―京都府綾部市の事例から― 松宮 朝
第五章 LEADERプログラムと地域内協働の現状
     ―ドイツを中心に― 市田知子
終 章 協働型集落活動の今日的特徴と可能性 小内純子

【研究動向】
史学・経済史学の研究動向
農業経済学の研究動向
社会学・農村社会学の研究動向
「食と農」の研究動向

第六十四回村研大会記事
編集後記

過去の年報

こちらをご参照ください(外部リンク)。

学会大会

第66回(2018年度)大会の案内(※ 終了しました)

【大会実行委員会からのお願い】
 本年度の大会参加申し込み期限は9月3日です。例年よりも時期が早いのでご注意ください。
 9月3日までにどうしても振込ができないという方は、下記のWeb申込フォームで先に登録だけでもお済ませください。その後にできる限り速やかにご入金ください。
 
 Web申し込みフォーム:https://goo.gl/forms/FReuD2TPloYXUZEI2

 また、託児サービスをご利用される方も期限は同じですので、早めに下記の山下のアドレスにお送りください。大会に関するお問い合わせは、下記の芦田のアドレスにお送りください。よろしくお願いいたします。

【大会概要】
日程:2018年10月26日(金)・10月27日(土)・10月28日(日)
 10月26日(金):エクスカーション・各種委員会・理事会
 10月27日(土):自由報告・地域シンポジウム・総会・懇親会
 10月28日(日):テーマセッション
場所:宮崎県西臼杵郡高千穂町(詳細は、今後、村研通信および当ページにてご案内致します)

【大会プログラム】
◆10月26日(金)エクスカーション
 エクスカーションでは、2015年に世界農業遺産に認定された、「高千穂郷・椎葉山の山間地農林業複合システム」に関連する地域を訪れます。今回は、高千穂町と五ヶ瀬町の遺産要素(農林業、景観、伝統芸能等)とそれらに関わる地域活動や特産品について知ることで、世界農業遺産地域への理解を深めます。
行程は以下の通りです(時間はおおよその目安)。
11:00   熊本駅集合 (鉄道組)
12:10      熊本空港集合(飛行機組)
12:20      熊本空港発 鉄道組と飛行機組が熊本空港で合流し、宮崎方面へ出発
13:50~14:30   五ヶ瀬ワイナリー/「釜炒り茶」に関する説明、地域活動の紹介
15:00~15:30  栃又の棚田/山腹用水路、棚田の見学
15:40~16:20  天岩戸神社/神楽に関する説明
16:40~17:20  高千穂観光物産館「トンネルの駅」
        神楽酒造株式会社による焼酎に関する説明、特産品の紹介
17:30      宿泊場所「ホテル 高千穂」に到着
18:00~     夕食後に理事会・各種委員会など

◆10月27日(土)自由報告・地域シンポジウム
7:00~ 朝食  → 会場へ移動(ホテルのマイクロバス or 徒歩)
8:50 開会式(A会場)
9:00〜12:00 自由報告(A・B会場)
【A会場】
1.樋田有一郎(早稲田大学大学院) 
地域移動が形成する家業継承者達の二重の主体性
―島根県中山間地域の地域内よそ者達のライフヒストリー分析を通して―
2.鈴木晴香(静岡文化芸術大学)、中野七海(静岡文化芸術大学)、舩戸修一(静岡文化芸術大学)
「他出子」本人の帰郷意識の揺らぎ ―浜松市天竜区佐久間町を事例として―
3.山本努(熊本大学)
過疎山村の人口還流(Uターン)と地域意識
―大分県日田郡中津江村1996年、2016年調査の比較、および、広島県山県郡北広島町2006年調査から―
4.楊非凡(東京農工大学大学院)・聶海松(東京農工大学)
日中における高齢者サービスの現状と課題―医療と連携した在宅養老・介護を中心に―
【B会場】
1.杉岡直人(北星学園大学)
地方都市のこども食堂の展開と農業生産者の関わり
2.呉 鳶(早稲田大学)
中山間地域における広域自治組織の形成と地域社会の再編
3.東良太(島根県中山間地域研究センター)、青西靖夫(島根県中山間地域研究センター)
現代農山村における地域住民組織の展開
4.望月美希(東京大学大学院)
震災復興過程における<生活の共同>の再編―宮城県仙南平野農村地域の検討―
12:00〜12:45 昼食(会場内で弁当配布)
12:45〜14:45 自由報告(A・B会場)
【A会場】
1.金子祥之(日本学術振興会特別研究員PD、立教大学)
オビシャ行事におけるオニッキの変容 ―神に捧げる儀礼文書にみる家と村―
2.三須田善暢(岩手県立大学盛岡短期大学部)
有賀喜左衛門は煙山村調査をどう読んだか:有賀の読書ノートを中心に
3.岩本由輝(東北学院大学)
慶長大津波と3.11大津波とで壊滅させられた陸奥中村藩の沿岸集落(萱濱)の転変について
【B会場】
1.岡野内正(法政大学)
グローバリゼーション下の持続可能フードシステム形成基盤としてのコミュニティ全成員個人向け、無条件、生涯継続、生存可能水準の現金移転システム―ナミビア、ブラジル、インドの村落におけるベーシックインカム実験の教訓
2.佐藤康行(新潟大学)
タイ農村における村落の変容
3.長谷部弘(東北大学)、イ・カデ・アンタルティカ(ガネーシャ教育大学)
バリ山村の観光開発と共同性の現在
14:45〜15:00 休憩・準備
15:00〜16:30 地域シンポジウム(C会場)
 報告者 田崎友教氏(高千穂町役場)
     杉田英治氏(NPO法人五ヶ瀬自然学校)
     藤掛一郎氏(宮崎大学)
 コメンテーター  藤村美穂(佐賀大学)
 コーディネーター 芦田裕介(宮崎大学)
16:35〜16:50 休憩・準備
16:50〜17:50 総会(C会場) → 会場へ移動(ホテルのマイクロバス or 徒歩)
19:00〜21:00 懇親会(ホテル高千穂)

◆10月28日(日)テーマセッション
7:00~ 朝食 → 会場へ移動(ホテルのマイクロバス or 徒歩)
9:00〜12:00 テーマセッション(A会場)
 テーマ:小農の復権:日本農業のイメージを解放する
 コーディネーター  秋津元輝(京都大学)
 報告者    橋詰登(農林水産政策研究所)
        Steven R. McGreevy (総合地球環境学研究所)・松平尚也(京都大学大学院・農業) 
        靏理恵子(跡見学園女子大学
        川田美紀(大阪産業大学)
12:00〜12:45 昼食(会場内で弁当配布)
12:45〜14:45 テーマセッション(A会場)
14:45〜15:00 閉会式/終了後、熊本駅・熊本空港への移動はバスを用意
16:50頃 熊本空港到着
17:50頃 熊本駅到着

【大会参加費・宿泊費等】 正会員 院生会員
◆参加費 3,000円 2,000円
◆エクスカーション 3,000円 2,000円
◆昼食費(10月27日) 800円  800円
◆懇親会費(10月27日) 7,000円 3,000円
◆宿泊費(10月26日)一泊二食 13,000円 8,000円
◆宿泊費(10月27日)一泊一食 9,000円 5,000円
◆昼食費(10月28日) 800円  800円
◆帰路バス【会場~熊本空港・駅】(10月28日) 2,000円 2,000円
※会員以外で参加を希望する方は、お手数ですが事務局までお問い合わせください。

【大会申し込み】
 下記のゆうちょ口座へのお振込確認をもって参加受付とします。締め切りは9月3日とさせていただきます。252号の「研究通信」に同封の振込用紙をご使用ください。振込手数料はご負担ください。なお、懇親会は、特別の事情のないかぎりご参加をお願いします。
 例年は大会前のプログラム号を受け取ってからでも申し込みが間に合いますが、今回は間に合いませんのでお気をつけください。
(口座名)日本村落研究学会宮崎大会実行委員会
(口座番号) 01780 - 4 - 147133
 ゆうちょ銀行以外の金融機関からの振込を受ける際は、下記の振込用の店名・預金種目・口座番号をご使用ください:
 銀行名 ゆうちょ銀行
 金融機関コード 9900
 店番 179
 預金種目 当座
 店名 一七九 店(イチナナキユウ店)
 口座番号 0147133

◆日本村落研究学会宮崎大会Web申し込みフォームの導入について
 2018年度宮崎大会の参加について、Webアンケート機能(Google Form)を用いて申し込み受付をおこないます。従来通り振込用紙に参加費・宿泊費等の項目を記入して振り込むという方法でも参加は可能ですが、円滑な大会運営のため、参加者の皆様には出来る限り大会Web申し込みフォームを利用していただきますようよろしくお願いいたします。
下記URLから、各会員がリンクにアクセス後、氏名、性別、メールアドレス、所属、エクスカーション、宿泊施設、懇親会等参加の有無について入力してください。また、大会参加申し込みをした会員も自分のメールアドレスに入力した内容のコピーを送信することができ、どの項目に申し込んだかなど確認することができます。
 お振込みについては振込用紙をご利用いただくか,振込み用紙を使わずにネットバンキング(ゆうちょダイレクトなど)の利用も可能です。その際、Web申し込みフォームに入力された方は、振込用紙の参加費・宿泊費等の部分については、チェックボックスにチェックを入れるだけ,あるいは合計額を振り込むのみで各項目の記入は不要です。(入金される方の名義と申込者の氏名が異なる場合は,振込み時に申込者の氏名をメモ欄などでお知らせいただくようお願いします。)
 
<Web申し込みフォームURL>
https://goo.gl/forms/FReuD2TPloYXUZEI2

◆託児サービスについて
10月26日〜28日の3日間、託児サービス(有料)を実施します。利用希望の方は、大会事務局の山下宛に、メールで9月3日までにご連絡下さい。

◆お問い合わせ
【大会事務局】
芦田裕介(大会実行委員長・宮崎大学地域資源創成学部)
E-mail : ashiday[at]cc.miyazaki-u.ac.jp 
山下亜紀子(九州大学大学院人間環境学院共生社会学講座)
E-mail : akiko-y8[at]lit.kyushu-u.ac.jp

若手会員の大会発表・参加への補助について

 本件につきましては若手会員支援のページをご参照ください。

研究会の案内

今後開催される研究会の情報


関東地区研究会 案内

日本村落研究学会 関東地区研究会のお知らせ

この度、以下の要領にて村研関東地区研究会を開催致します。ふるってご参加下さい。

日時:2019年01月27(日曜)日 13:30~17:10
会場:青山学院大学渋谷キャンパス 15号館第13会議室

主旨:地域研究において祭礼は地域統合の重要な要素としてとらえられてきた。かつて聖性・信仰を軸としていた祭礼は、“イベント化”する半面、近年は文化財保全・地域振興などの側面など異なった側面から注目されている。意味づけが大きく変わった現代もなお、祭礼はなぜ、続いているのか、なぜ続けなければならないのか。続ける上で何を変え、何を守るのか。その現場で、何が課題になっているのか。本研究会では、社会学及び民俗学(文化財保存)の視点から現代に於ける祭礼の意義を再考していく。第1報告で、社会学の見地から地域社会における祭礼研究をレビューし、その課題と展望を提示する。続く第2報告では、文化財行政の経験を踏まえ、民俗学(民俗芸能論・文化政策論)の視点から祭礼・民俗芸能研究を実証的のみならず理論的に深めている気鋭の論客を迎え、近年の祭礼研究の動向をレビューしたうえで、文化財保全の立場から、具体的な事例を通じて、祭りを継続するために担い手たちがどのように実践をしているのか、祭礼を継続する課題とは何かを議論していく。

第1報告:牧野修也(神奈川大学非常勤講師)「祭礼を通して地域社会の変容を捉える――学説検討を中心に――」
 本報告の目的は、祭礼の危機と存続可能性を通して、地域社会のありようがどのように変化してきているのかを,これまでの社会学研究の知見を通して描き出すことにある。したがって、個別の祭礼の事例を掘り下げて検討することよりも、これまでの社会学の研究が祭礼をどのように捉え、「祭礼」と「地域社会」や「家」との関係をどのように捉え、いかなる変化が生じていると捉えてきたのかを整理することが中心となる。また、この場合、地域社会は村落社会だけではなく、都市社会も射程に含めてのものであり、その意味での「地域社会」であり、祭礼を通して見える「地域社会」の現在を考えていきたい。
 その上で、どのような現代的課題を見出しうるのかをも考えていきたい。

第2報告:俵木悟(成城大学文芸学部)「『踊りによる修養』から『踊りのためのつながり』へ:大里七夕踊の改革の10年」
 本報告では、鹿児島県いちき串木野市大里地区に伝わる民俗芸能である七夕踊をめぐる伝承実践の改革を跡づける。大正時代から青年団を主体とし、青年の修養を目的として行われてきた七夕踊は、近年の若年人口の減少、それに伴う青年団の解体を受けて、外部とのつながりを模索しながら改革を行なっている。踊りの担い手たちは、つながる相手とつながりの質を見極め、従来からの規範と現前の状況に折り合いをつけながら、許容できるものとできないものを判断してきた。一方で、地域を取り巻く大きな社会的環境の変化は、時には彼らが予期しなかったつながりを持ち込み、また「ユネスコ無形文化遺産の候補となる」といった身の丈のスケールを超えた問題への対処をも迫ってくる。こうした状況に対して、担い手たちがいかに対処してきたか(しようとしているか)を、発表者自身の関わりも含めて考察する。

会場への交通
  地下鉄「表参道駅」B1出口より徒歩約5分(最寄りはB1出口ですが、長い階段です。エレベータ・エスカレータがあるB3出口のご利用をお勧めします)。JR山手線、東急線、京王井の頭線「渋谷駅」宮益坂方面出口より徒歩約10分(登り坂です)(https://www.aoyama.ac.jp/outline/campus/access.html 参照)
 会場の15号館(ガウチャー・メモリアルホールのビル)は、正門(国道246号線=青山通り沿い)を入って直進、ロータリー手前右側の建物です(https://www.aoyama.ac.jp/outline/campus/aoyama.html 参照)。

問い合せ先:yano[at]sccs.aoyama.ac.jp 関東地区研究委員・矢野晋吾(青山学院大学 総合文化政策学部)



第31回・第32回村落研究を語る会 案内

第31回「村落研究を語る会」を下記の要領で開催します。ふるってご参加下さい。

報告論題 相馬の中世
報告者  岩本由輝 先生
日時  2018年12月22日(土)
    午後2時~午後6時
会場 東北学院大学土樋キャンパス8号館3階第1会議室
  (8号館入口は建物の2階にあたります)
*アクセス 土樋キャンパス
    〒980-8511 仙台市青葉区土樋一丁目3-1
    JR「仙台駅」から徒歩約20分
    地下鉄南北線「五橋駅」または「愛宕橋駅」から徒歩約5分
    バス停「五橋駅」から徒歩約5分
    詳細は、http://www.tohoku-gakuin.ac.jp/access/tsuchitoi.html を参照ください。
* 研究会終了後の懇親会の参加希望者は、
  12月15日(正午)までに永野に連絡ください。
  研究会のみの参加は連絡の必要はありません。
* なお、この研究会は来年秋頃までに解散することになりました。
  先生方のお話を聞くチャンスも少なくなります。
  この機会にふるってご参加ください。                             
                          
呼びかけ人
小林一穂,佐久間政広,中島信博,永野由紀子,長谷部弘,吉野英岐

お問い合わせ先
  永野由紀子 naganoy[at]isc.senshu-u.ac.jp

第32回「村落研究を語る会」を下記の要領で開催します。ふるってご参加下さい。
  
報告論題 太一日記ー暮らしと時代ー
     (第28回の「ある小作農民の日記から」の続き)
報告者   東北大学名誉教授 細谷 昂 先生
日時  2019年3月16日(土)
    午後3時~6時
会場  東北学院大学・サテライトステーション
   (南町通りに面した仙建ビル1階) 
※ 会場は変更になる可能性があります。  

* 第28回「ある小作農民の日記から」および第30回で配布した「8それから―農地改革前後」「太一日記―暮らしと時代(第二回)」をお持ちの方は、続きの報告ですのでご持参ください。お持ちでない方は当日会場で配布します。
* 研究会終了後の懇親会の参加希望者は、3月9日(正午)までに永野に連絡ください。研究会のみの参加は連絡の必要はありません。

呼びかけ人:小林一穂,佐久間政広,中島信博,永野由紀子,長谷部弘,吉野英岐

お問い合わせ先  永野由紀子 naganoy[at]isc.senshu-u.ac.jp

過去の地区研究会

こちらをご参照ください。

研究・年報編集委員会

1. 研究委員会

   氏 名  地 区  所 属
委員長 小内 純子  北海道 札幌学院大学
委員  澁谷 美紀 北海道 農研機構北海道農業研究センター
三須田 善暢 東北 岩手県立大学
矢野 真吾 関東  青山学院大学 
川田 美紀 関西・東海 大阪産業大学 
藤井 和佐 中四国  岡山大学 
芦田 裕介 九州   宮崎大学 
山下 亜紀子 九州大学 

2. 年報編集委員会

  氏 名 所 属
委員長 松宮 朝  愛知県立大学 
副委員長  舩戸 修一 静岡文化芸術大学
委 員 玉里 恵美子 高知大学 
築山 秀夫 長野県短期大学
図司 直也 法政大学
山内 太 京都産業大学

バナースペース

日本村落研究学会事務局

学会事務局
〒156-8502
東京都世田谷区桜丘1-1-1 東京農業大学 国際食料情報学部 国際食農科学科 原珠里研究室内
TEL: 03-5477-2357
FAX:03-5477-2661
e-mail:j3hara[at]nodai.ac.jp

口座記号番号:00150-9-387521
口座名:日本村落研究学会(ニホンソンラクケンキュウガッカイ)

学会所在地
〒156-8502
東京都世田谷区桜丘1-1-1 東京農業大学 国際食料情報学部内