本文へスキップ

The Japanese Association for Rural Studies
[English]

年報と大会・研究会SERVICE&PRODUCTS

ページ内リンク

[年報]  [大会]  [研究会]  [委員名簿]

年報 村落社会研究

年報
「年報 村落社会研究51 災害と村落」

【共通テーマ】 災害と村落――災害を処遇する家と村
序章 特集の解題   植田今日子
第一章 災害からの集落の再生と変容
    ――新潟県山古志地域の事例―― 松井克浩
第二章 T型集落点検から見た被災地の家族と集落  徳野貞雄
第三章 自然災害から回復する漁業集落の諸相
    ――東日本大震災と三陸漁村―― 川島秀一
第四章 災害に備える村の事前復興の取り組み
    ――徳島県西部中山間地の事例から―― 山 泰幸
第五章 村落相互の対立と水害の分配
    ――災害のもたらす被害から受苦へ―― 金子祥之
第六章 東電福島第一原発に大熊町と双葉町が睥睨されるまで
        ――設立経緯と内包された問題―― 岩本由輝
終章 災害の伝承媒体としての村落  植田今日子

【研究動向】 史学・経済史学の研究動向 鎌谷かおる
農業経済学の研究動向 関根佳恵
社会学・農村社会学の研究動向 山本早苗
地理学の研究動向  吉田国光

第六十二回村研大会記事
編集後記

過去の年報

こちらをご参照ください(外部リンク)。

学会大会

第64回(2016年度)大会の案内

日程:2016年11月4日(金)・11月5日(土)・11月6日(日)
11月4日(金):エクスカーション・各種委員会・理事会(すべてA会場)
11月5日(土):自由報告(A会場)、地域シンポジウム・懇親会(B会場)
11月6日(日):テーマセッション(B会場)

場所:A会場 萩セミナーハウス(山口県萩市大字堀内211番地1 Tel:0838-21-7501)
   B会場 萩焼の宿千春楽 せんしゅんらく(山口県萩市堀内菊ヶ浜467-2 Tel:0838-22-0326)

今大会は現地集合・解散です。宿泊は、A会場とB会場で分宿となります。

11月4日のエクスカーションは、萩市内の「明治日本の産業革命遺産」を訪れる予定です。「地方」から立ち上がった近代の一端に触れてみたく思います。なお、大会会場は、遺産のひとつ「萩城下町」に位置します。
プログラムは、萩セミナーハウスにて提供します。
(大会実行委員長:下関市立大学 加来和典)

研究会の案内

今後開催される研究会の情報


バリ・カンファランスの開催案内

バリ島北部古都シンガラジャにおいて、村落的共同性をめぐる「バリ・カンファランス」(2016年8月30日~9月1日)が開催されます。
詳細は、 こちら のPDFファイルをご覧ください。
参加お申込み、お問合せは、長谷部弘先生まで。
hhasebe[at]econ.tohoku.ac.jp

関東地区研究会開催案内

農村モノグラフの意義と課題
─庄内モノグラフとの対話から─
日時:2016年7月23日(土曜日)14:00-17:30
場所:青山学院大学青山(渋谷)キャンパス総研ビル14号館(8階第11会議室)
主催:村研関東地区研究会

第1部 庄内モノグラフの形成とその論点(司会:福田恵)
○報告 細谷昂 「庄内モノグラフ調査をめぐって」
○質問者
本多俊貴(東京農工大学)・中川恵(山形県立米沢女子短期大学)・岡田航(東京大学)・村田周祐(東北福祉大学)
○庄内モノグラフに関する質疑

第2部 農村モノグラフの現代的意義と課題(司会:金子祥之)
○コメンテーター
コメント1:福田恵(広島大学) コメント2:佐久間政広(東北学院大学) コメント3:川田牧人(成城大学)
○細谷先生からの応答
○自由討論

青山学院大学アクセス
キャンパスマップ
※総研ビル(14号館)は、大学正門(国道246号線沿い)から入ってすぐ右手のビルです。
連絡先 佐藤真弓(農林水産政策研究所) satomayumi[at]affrc.go.jp
※懇親会に参加される方は、会場確保の都合上、たいへんお手数ですが、7月8日(金)までに上記メールアドレスまでご一報ください。 なお、当日のお申し込みも可能ですので、皆さまのご参加を心よりお待ちしております。

第27回 村落研究を語る会

「村落研究を語る会」を下記の要領で開催します。ふるってご参加下さい。
研究会終了後の懇親会に参加希望の方は予約が必要ですので、10月8日(土)正午までにご連絡下さい。

〇報告論題 
 経済学から明治末・大正・昭和初期の茨城県漁村を語る
〇報告者  東 敏雄 先生
〇日時  2016年10月15日(土)
     午後2時~午後6時
〇会場  東北学院サテライトステーション(予定)
     仙台市青葉区一番町2-2-13 仙建ビル1階
            TEL. 022-212-6210(直通)
※ 会場は変更になる可能性がありますので連絡先まで確認ください。

呼びかけ人 小林一穂,佐久間政広,中島信博,永野由紀子,長谷部弘,吉野英岐
連絡先 専修大学人間科学部 永野由紀子
E-mail:naganoy[at]isc.senshu-u.ac.jp

中国・四国地区研究会開催案内

日時:2016年9月17日(土)13:30~17:00 (13時に建物東側の正面玄関を開錠します)*研究会終了後、岡山駅近くで懇親会を予定
場所:岡山大学津島北キャンパス 文法経1号館 3階356(岡山市北区津島中3-1-1)

第1報告 磯本 宏紀(徳島県立博物館)
「以西底曳網漁業と漁民の移住」(仮)
以西底曳網漁業を目的として、徳島県美波町などから移住した漁民の事例をもとに、漁民の移住の構造と変遷について検討する。

第2報告 田村 周一(聖カタリナ大学)
「中山間地域の医療体制と医療専門職確保」(仮)
兵庫県但馬地方で看護師を目指す若者の事例を中心に、地域医療体制および医療確保の現状と課題について検討する。

津島キャンパスアクセスマップ
津島キャンパスマップ
連絡先:藤井 和佐(岡山大学)
e-mail:fwasa[at]cc.okayama-u.ac.jp

過去の地区研究会

こちらをご参照ください。

研究・年報編集委員会

1. 研究委員会

   氏 名  地 区  所 属
委員長 牧野 厚史 九州  熊本大学
副委員長  小内 純子  北海道 札幌学院大学
委員 佐久間 政弘 東北 東北学院大学
佐藤 真弓 関東  農林水産政策研究所 
奥井 亜紗子 関西・東海  京都女子大学
藤井 和佐 中四国  岡山大学 

2. 年報編集委員会

  氏 名 所 属
委員長 山内 太 京都産業大学
 副委員長 築山 秀夫 長野県短期大学
委 員 玉里 恵美子 高知大学 
松宮 朝  愛知県立大学 
高野 和良 九州大学
米家 泰作 京都大学

バナースペース

日本村落研究学会事務局

〒352-8501
埼玉県新座市中野1-9-6
跡見学園女子大学観光コミュニティ学部コミュニティデザイン学科
靍理恵子研究室
TEL: 048-478-4265
FAX:048-478-3746(学科代表)
e-mail:tsuru[at]atomi.ac.jp

口座記号番号:00150-9-387521
口座名:日本村落研究学会(ニホンソンラクケンキュウガッカイ)