本文へスキップ

The Japanese Association for Rural Studies
[English]

第63回(2015年度)大会SERVICE&PRODUCTS

ページ内リンク

[大会の案内]  [大会概要]  [大会スケジュール]  [大会プログラム]  [大会参加費・宿泊費等]  [大会申し込み]

大会の案内

 開催地の岐阜県郡上市和良(わら)町は、県の中央部、山間の盆地に位置します。古来より集落が形成され、明治22年からは和良村として自治が行われてきました。平成16年3月の合併により、和良村が属していた郡上郡(3町4村)がひとつとなって郡上市和良町となりました。和良町の西隣りには、郡上踊りで有名な「郡上八幡」(郡上市八幡町)があります。そして東隣りには「下呂温泉」(下呂市下呂町)があります。
 旧和良村役場は、市役所支所として和良振興事務所になりました。平成23年からは、徳野貞雄先生のT型集落点検を導入し、地域おこし応援隊の活用と合わせて、持続可能な集落を目指し、スローな地域づくりを進めています。  
 今回の大会は、郡上市及び地元観光協会のご協力を得て、エスクカーション、研究報告、地域セッション、懇親会等のプログラムを用意しております。会場は郡上市和良町の中心部にある和良町民センターとなりますが、宿泊は計7か所の分宿となります。移動などでご不自由をおかけしますが、農山村ならではのおもてなしの心で、皆様のご参加を心よりお待ちしております。

大会概要

◆日程
11月6日(金)~11月8日(日)
◆会場
和良町民センター(岐阜県郡上市和良町沢677-1)
◆宿泊
旅館・民宿7軒(郡上市明宝5、和良町1、下呂市金山町1、)に分宿
◆受付
①エクスカーションに参加される方は、11月6日(金)11時30分までに、JR岐阜駅前の「団体バス乗降場」に集合してください。
②エクスカーションに参加されない方は、11月6日(金)15時30分までに、JR名古屋駅太閤口前に集合してください。
③大会会場での受付は、11月7日(土)8時から行います。
◆アクセス
①エクスカーションに参加される方は、そのままバス等で宿泊先までお送りします。
②エクスカーションに参加されない方は、JR名古屋駅16:00発の貸切バスにご乗車ください。「道の駅めいほう」(郡上市明宝)に17:30頃に着き、そこから宿泊先の車で各宿泊先へ。
③大会終了後、11月8日(日)15時30分に、和良町民センターからJR名古屋駅太閤口前まで貸切バス(2台)が出ます。
◆託児サービス
昨年の大会と同様に、会場内にて2日間の託児サービス(有料)を設置します。利用希望者は7月末日までに大会実行委員会までお申込み下さい。

大会スケジュール

◆11月6日(金) エクスカーション:鈴木榮太郎「山閭行」の跡をたどる
11:30~12:00 JR岐阜駅前「団体バス乗降場」に集合。受付後、貸切バスにご案内します。
12:00 貸切バス(2台)で出発。
13:00 トイレ休憩「道の駅平成」
13:30 「小那比公民館」着、小那比地区を散策(30分程度)
15:00 八幡町「城下町プラザ」着、町内自由散策
16:00 八幡町「城下町プラザ」発
17:00 宿泊先着
18:30 夕食後、各種委員会、理事会を民宿七福山(下呂市金山町。ただし、和良町境に位置し、JR飛騨金山駅からは遠い)にて開催します。

◆11月7日(土)
7:00 朝食
8:00 宿泊先のマイクロバス等で、会場の和良町民センターへ。
8:50 開会式(大会議室)
9:00~12:00 自由報告(大会議室、第1会議室、第2会議室)
12:00~12:45 昼食(会場内で弁当支給)
12:45~14:45 自由報告(大会議室、第1会議室、第2会議室)
14:45~15:00 休憩・準備
15:00~16:30 地域セッション(大会議室)
16:30~16:45 休憩・準備
16:45~18:15 総会(大会議室)
18:30~19:00 懇親会場(レストハウス「憧夢」)へマイクロバスで移動。
19:00~21:00 懇親会
21:15~23:00 宿泊先からお迎え。実行員会が設定する2次会は「和良おこし公民館」を予定。
希望者はマイクロバスで移動(2次会終了後のバスもあります)。

◆11月8日(日)
7:00 朝食
8:00 宿泊先のマイクロバス等で、会場の和良町民センターへ。
9:00~12:00 テーマセッション(大会議室)
12:00~12:45 昼食(会場内で弁当支給)
12:45~14:45 テーマセッション(大会議室)
14:45~15:00 閉会式
15:30~17:30 貸切バス(2台)で名古屋駅へ。

大会プログラム

11月7日(土)
8:50~ 9:00  開会式(大会議室)
9:00~12:00 自由報告(大会議室、第1会議室、第2会議室)
1報告40分(報告25分+質疑応答15分)

【A会場 大会議室】座長:藤井和佐(岡山大学)
1.田中聡子(県立広島大学)
「コミュニティ活動における年齢層格差の研究」
2.杉岡直人(北星学園大学)
「過疎地域の地域食堂と生活支援サービスの関わり」 
3.髙橋みずき(明治大学大学院)
「中山間地域における6次産業化の展開─長野県木曽町を事例に─」
4.山根亮子(熊本大学大学院社会人教育支援センター)
「生活視点から見た農山村移住」 

【B会場 第1会議室】座長:靏理恵子(跡見学園女子大学)
1.足立重和(追手門学院大学)
「同級生による頼母子講の相互扶助―岐阜県郡上市八幡町の事例から―」 
2.岡田航(東京大学大学院)
「むらの平準化システムと里山の近代―八王子市堀之内における共有地の変容過程をめぐって―」
3.岡野内正(法政大学)
「グローバル化と過疎問題の終焉―日本の農村からのベーシック・インカム要求の歴史的意義」

【C会場 第2会議室】座長:矢野晋吾(青山学院大学)
1.三須田善暢(岩手県立大学盛岡短期大学部)、林雅秀(山形大学)、庄司知恵子(岩手県立大学)、 高橋正也(東北活性化研究センター)
「書簡にみる有賀喜左衛門調査の特徴─石神大屋齋藤家所蔵資料から─」
2.本多俊貴(東京農工大学大学院)
「区費等級割にみる戦後期山間地域の村落構造に関する一考察─宮崎県諸塚村黒葛原の事例─」
3.高橋明善
「『藩政村・むら』と『部落・大字・農業集落』」 

12:00~12:45 昼食
12:45~14:45 自由報告(大会議室、第1会議室、第2会議室)

【A会場 大会議室】座長:吉野英岐(岩手県立大学)
1.野田岳仁(立命館大学)
「水道組合の自治組織化─川内村第3区の事例から─」
2.藤田祐二(早稲田大学)
「祭礼を通じた社会組織の再構築―川内村第1区の事例から─」 
3.金子祥之(東京大学東洋文化研究所)
「なぜ汚染された土地へ帰ろうとするのか―川内村第7区の事例を中心として―」 

【B会場 第1会議室】座長:大友由紀子(十文字学園女子大学)
1.黒栁晴夫(椙山女学園大学)
「インドネシアの2004年地方行政法下の村落自治と村長選挙―ジョクジャカルタ特別州バントゥール県内の事例―」
  2.井上果子(宮崎大学)
「ベトナム紅河デルタ農村集落の生業─ドンフー村ツオンフック集落の事例分析─」 
3.何淑珍(東北大学)
「中国内モンゴルにおける現代化と牧畜民の生活変化─シリンゴル盟フベートシャラ・ホショーの事例調査から─」
 
【C会場 第2会議室】座長:原珠里(東京農業大学)
1.平井晶子(神戸大学)
「兵庫県但馬地域の国際結婚家族の現状─2014年のアンケート調査を中心に─」 
2.武田里子(大阪経済法科大学)
「定住外国人による耕作放棄地活用の試みと課題―長野県A市の事例─」
  3. 坂梨健太(龍谷大学)、崔博憲(広島国際学院大学)
「熊本県における外国人農業技能実習生の現状─送り出し/受け入れ双方の視点から─」

15:00〜16:30 地域シンポジウム(大会議室)
テーマ:集落点検をどう活かすか  進行:林琢也(岐阜大学地域科学部准教授)
報告者:
池戸祐芳(和良おこし協議会会長)
和良町上土京自治会
和良町下洞自治会
和良町横野自治会
加藤真司(和良おこし協議会事務局長)
コメンテーター:
足立重和(追手門学院大学教授)
徳野貞雄(トクノスクール・農村研究所理事長)
山崎仁朗(岐阜大学地域科学部教授)

16:45〜18:15 総会(大会議室)
19:00〜21:00 懇親会(レストハウス「憧夢」)

11月8日(日)
9:00〜14:45 テーマセッション(大会議室) (12:00〜12:45昼休み)
「現代社会は『山』との関係をどう取り戻すことができるのか」 
コーディネーター:藤村美穂(佐賀大学)
1.佐藤宣子(九州大学)
「2000年代以降における森林・林業政策の基調と山村への影響─森林計画制度を中心に─」
2.福田恵(広島大学)
「近代山村における林業移動と人的関係網―広狭域に及ぶ山村像の把握に向けて―」
3.松村和則(筑波大学)
「『山』を忘れた山村のしのぎあい―『汚染』された森林を資源化できない福島県内の二集落を事例として―」
4.相川陽一(長野大学)
「現代山村における地域資源利用と定住促進―近接資源を活かした暮らしの継承に向けて―」

14:45〜15:00 閉会式

大会参加費・宿泊費等

◆参加費:正会員3,000円 院生会員1,000円
◆エクスカーション参加費(岐阜駅から宿泊先のバス代を含む):正会員3,000円 院生会員2,000円
◆昼食費:11月7日(土)・11月8日(日) 一律 各1,000円
◆懇親会費:11月7日(土)  正会員 6,000円 院生会員3,000円
◆宿泊費:11月6日(金)(一泊二食) 正会員8,000円 院生会員7,000円
     11月7日(土)(一泊二食) 正会員6,000円 院生会員5,000円
◆11月6日(金)往路バス代(名古屋駅~明宝):一律3,000円
◆11月8日(日)帰路バス代(和良~名古屋駅):一律3,000円

大会申し込み

下記のゆうちょ口座へのお振込確認をもって参加受付とします。締め切りは9月30日とさせていただきます。同封の振込用紙(ゆうちょ窓口でしか使えません)に、ご住所、お名前、電話番号、メールアドレス、性別、年齢を必ずご記入ください。振込手数料はご負担ください。
(口座名)日本村落研究学会和良大会実行委員会
(口座番号)00820-7-184377
なお、懇親会は、特別の事情のないかぎり、全員参加でお願いします。

【連絡先】(大会実行委員長)山崎仁朗(Eメール)kimiaki_gifu-u.ac.jp

バナースペース

日本村落研究学会事務局

〒352-8501
埼玉県新座市中野1-9-6
跡見学園女子大学観光コミュニティ学部コミュニティデザイン学科
靍理恵子研究室
TEL: 048-478-4265
FAX:048-478-3746(学科代表)
e-mail:tsuru[at]atomi.ac.jp

口座記号番号:00150-9-387521
口座名:日本村落研究学会(ニホンソンラクケンキュウガッカイ)