本文へスキップ

The Japanese Association for Rural Studies
[English]

緊急情報


 現在、学会からの緊急の情報はありません。

公募情報


 現在、学会事務局で把握している新規の公募情報はありません。


関連学会・団体などの情報


【第9回4月からの大学等遠隔授業に関する取組状況共有サイバーシンポジウム開催のお知らせ】

第9回 4月からの大学等遠隔授業に関する取組状況共有サイバーシンポジウム

 

開催日時 令和2年5月29日(金) 10時30分〜

 

主催 国立情報学研究所 大学の情報環境のあり方検討会

 

趣旨

 文部科学省高等局より、令和2年3月24日付け「令和2年度における大学等の授業の開始等に

ついて(通知)」を受け、第1回シンポジウム(3/26)を開催し、それ以降毎週本シンポジウムを開

催してまいりました。

 想定外の状況の国難の中で、遠隔授業等の準備状況に関する情報を出来る限り多くの大学間で

共有すること目的に、本サイバーシンポジウムを開催しております。

毎回、文科省より直接概況をご説明を頂いております。

 今回は緊急事態宣言後の対応についてのご講演を中心に、データダイエット、学生からの声、

大学や中学高校の遠隔教育等の事例照会など種々のご講演を頂きます。

 本シンポジウムが全ての解を提示するものではない点をご理解下さい。本シンポジウムは

現状の課題を早急に共有することが重要と考える次第です。

 直前でのご連絡を何卒ご寛恕ください。プログラムに変更が生じることもございます。

 何分、急ごしらえですので、不行き届きの点はご寛恕のほどお願い申し上げます。

 下記よりお申込みをお願い致します。又質問はチャットでお受けし口頭で回答する予定です。

 

◆◇現在までの講演はビデオとしてシンポジウムウェブサイトにて公開しております◇◆

   https://www.nii.ac.jp/event/other/decs/

 

<プログラム>

 

10:30-10:333分)

 1. 「はじめに」 

     喜連川 優 国立情報学研究所長

10:33-10:363分)

 2. 「文科省ご挨拶」

10:36-10:4913分)

 3. 「遠隔授業の推進に関する文部科学省の取組状況(進捗)〜事務連絡通知(5/15)、Q&A更新(5/22)、2次補正予算編成を中心に〜」

     西山 崇志 文部科学省高等教育局専門教育課企画官

10:49-10:5910分)

★データダイェットの定量的効果測定★

 4. 「オンライン授業において Zoom の通信量を抑えるには」

     吉田  塁 東京大学 大学総合教育研究センター 特任講師

10:59-11:0910分)

★学生の声から見るニューノーマル★

 5. 「学生から見たオンライン授業」

     武居 悠菜 東京大学教養学部2年/東大UmeeT編集部

★遠隔講義支援★

11:09-11:2112分)

  6. TAによる自大学・他機関の遠隔講義支援(仮)」

          講演者調整中

11:21-11:3312分)

★図書館再開★

 7. 「東北大学附属図書館の取組(仮)」

     小陳左和子 東北大学附属図書館事務部長  

11:33-11:4512分)

★教育データ★

  8. 「オンライン授業におけるデータ利活用の重要性(仮)」

     美濃 導彦 京都大学名誉教授・ 理化学研究所理事

11:45-11:5510分)

★大学事例1★

 9.「「大学教育の質保証」に向けた遠隔授業・卒論指導・キャリア支援」

     岡 多枝子 人間環境大学松山看護学部教授

     三並めぐる 人間環境大学松山看護学部教授 他

11:55-12:0510分)

★大学事例2★

 10.「『無理をしない』遠隔授業における課題学習」

     戸村 多郎 関西医療大学保健医療学部はり灸・スポーツトレーナー学科准教授      

★落語★(心療内科学会、吉本興業)

12:05-12:105分)

 11.「落語」

★教職員向け★

12:10-12:2010分)

  12  「今できることからはじめる 教職員向けオンライン研修」

         津奈木考嗣 宮崎県教育委員会教育政策課企画・調整担当指導主事

     中山  隆 一般財団法人こゆ地域づくり推進機構教育イノベーション推進専門

★高等学校★

12:20-12:3010分)

  12  「公立の普通科高校による遠隔授業の取組とその成果と課題」

         春日井 優 埼玉県立川越南高等学校教諭

★中学校★

12:30-12:4010分)

 13.「公立中学校における教育データを利活用したオンライン授業の取組(仮)」 

     宮部  剛 京都市立西京高等学校附属中学校教諭

12:40-12:422分)

 14.「おわりに」

         喜連川 優 国立情報学研究所長

 

<参加申し込み先>

 https://reg.nii.ac.jp/m?f=570

 ※参加申し込み頂けますとWeb会議システムへの接続先情報等をお送り致します。

 

<本件に関する問い合わせ先>

  国立情報学研究所 学術基盤推進部 学術基盤課

  plan@nii.ac.jp




【IRSA2020 XV World Congress of Rural Sociology 開催延期のお知らせ】

 2020年7月に予定されていたIRSA2020 XV World Congress of Rural Sociologyにつきまして、COVID-19の急速な感染拡大影響を受けて開催を延期する旨の連絡がありました。約1年後の開催となる見込みとのことです。


【令和2年度国東半島宇佐地域世界農業遺産調査研究事業募集のお知らせ】

国東半島宇佐地域世界農業遺産推進協議会では、世界遺産に認定された国東半島宇佐地域の伝統的な農法や文化などの持続的な営みに関する調査や研究に係る提案を募集します。
 なお、この事業の実施は、大分県の令和2年度当初予算の成立を前提とするものですので、状況によって、事業の中止・内容変更があり得ることとをあらかじめ御了承ください。

募集する研究事業の例
・クヌギとため池の循環に関する研究
・栄養塩と農林水産業に関する研究
・生物多様性に関する研究
・農耕に関する祭礼などに関する研究
・地域特有の食文化や生活形態に関する研究 など

応募資格:日本国内の大学又は高等専門学校に属する常勤の研究者

金額:調査研究事業1件当たり上限100万円(税込)

スケジュール
募集締切  令和2年4月15日(水)午後5時(必着)
書類審査  令和2年4月下旬
審査委員会 令和2年5月中旬
契約締結  令和2年5月下旬〜6月上旬
中間報告  令和2年11月〜12月
事業終了  令和3年3月末

応募書類・応募方法等その他詳細はこちらをご参照ください。


【跡見学園女子大学地域交流センター主催 公開シンポジウム「東日本大震災と「記憶」の記録化ー試みとしての地域史・写真展・記憶地図・街の復元―」ご案内】

 跡見学園女子大学地域交流センターでは、被災地との地域交流を通じた復興支援活動を目指し、標記のシンポジウムを開催する運びとなりました。被災地と外部とをつなぐ実践活動、被災者にとっての「心のよりどころ」に注目した活動など、地域の「象徴的復興」を促す活動報告を通じて、いま私たちに何が求められているのかを考えていきたいと思います。

日時:12月21日(土曜)13:00〜16:30
主催:跡見学園女子大学地域交流センター
後援:文京区
場所:跡見学園女子大学文京キャンパスブロッサムホール(2号館1F)
    (〒112-8687 東京都文京区大塚1-5-2
     http://www.atomi.ac.jp/univ/about/campus/access.html をご参照ください)
報告:
1.原子力災害地域の歴史を未来へ紡ぐ―大字誌という方法
西村慎太郎(国文学研究資料館・准教授)
2.笑顔の向こうがわ―保養キャンプで出会った母子の日常にある矛盾と不安
吉田智彦(写真家・文筆家)・鹿目久美(福島からの避難者、母ちゃんずメンバー)
3. 『更地の向こう側』の記憶地図―気仙沼市唐桑町宿での試みから
植田今日子(上智大学総合人間科学部・教授)
4.ふるさとの記憶―「失われた街」模型復元プロジェクト
槻橋修(神戸大学大学院工学研究科・准教授)
※ 同時開催写真展:『心はいつも子どもたちといっしょ』
場所:文京キャンパスブロッサムホール前エントランスホール(2号館1F)

※ 事前申し込み:不要

ご案内チラシ(PDF)

[問い合わせ先]
跡見学園女子大学地域交流センター
〒112-8687 東京都文京区大塚1-5-2
電話:03-3491-7420
Email:d-chiiki[at]atomi.ac.jp

【GEAHSS事務局からのご案内:国立女性教育会館主催「大学等における男女共同参画推進セミナー」開催のお知らせ】

 2019年12月20日(金)13時より国立女性教育会館主催「大学等における男女共同参画推進セミナー」が開催されます。参加は無料。詳細、事前申し込みはチラシをご確認ください。
https://geahssoffice.wixsite.com/geahss/single-post/event20191220


【日本学術会議からのご案内(日本学術会議中部地区会議学術講演会「地域に根ざした学術研究と地域貢献への展望」開催のお知らせ】

 2017年に「地域志向大学宣言」を発出した静岡大学では、地域課題解決とそれを支える地域人材育成のための取組を強化してきました。持続可能な地域社会を構築する過程においては、人文科学・社会科学・教育といった文化系の知と、
環境科学や技術開発といった理系の知の融合が重要であります。
 本学術講演会では、静岡大学を代表する文系・理系・融合系の3名の教員により、静岡に根ざした学術研究が、いかに地域貢献に結びついているかを報告します。

〇主催 日本学術会議中部地区会議、静岡大学
〇日時 2019年11月29日(金)13:00〜16:00
〇場所 静岡大学 大学会館ホール
    (静岡県静岡市駿河区大谷836)
〇プログラム
 http://www.scj.go.jp/ja/event/pdf2/281-s-1129.pdf

〇事前申込み:不要

〇お問合せ先
 日本学術会議中部地区会議事務局(名古屋大学研究協力部研究支援課内)
  TEL:052-789-2039 FAX:052-789-2041
 静岡大学
  TEL:054-238-4316 FAX:054-238-4312


【アジア農業経済学会(ASAE)からのお知らせ:The 10th ASAE International Conference
Gearing Asian Agriculture under the Fourth Industrial Revolution:
Opportunities and Challenges のご案内】

アジア農業経済学会から、2020年8月10日〜12日に開催される第10回大会のご案内がありました。
詳しくは、以下のPDFファイルをご参照ください。

ご案内パフレット(PDFファイル)

ご案内フライヤー(PDFファイル)

【第23回 常民文化研究講座・国際研究フォーラム「交差する日本農村研究ーアチック・ミューゼアムとジョン・エンブリー」開催のご案内】

■第23回 常民文化研究講座・国際研究フォーラム
「交差する日本農村研究−アチック・ミューゼアムとジョン・エンブリ−」
[日時] 2019年12月14日(土)10:00〜18:00 
[会場] 神奈川大学横浜キャンパス 3号館305講堂
※ご参加の場合に事務局までご連絡下さい(詳細は、下記の主催者HPを参照ください)

■プログラム
趣旨説明
 泉水英計(日本常民文化研究所・国際常民文化研究機構)

■第一部 内からみた日本農村 ?アチック同人を中心に
○アチック・ミューゼアムの村落報告書とシカゴ学派のコミュニティ・スタディの対比
 全 京 秀(ソウル大学名誉教授・日本常民文化研究所客員研究員)
○有賀喜左衛門における海外研究者の摂取について:遺稿類から
 三須田 善暢(岩手県立大学盛岡短期大学部)
○ティームワークのハーモニアス・デヴェロープメントという理想
 ?アチック・ミューゼアムにおける共同研究を考えて?
 アラン・クリスティ(University of California, Santa Cruz)
コメント:加藤 幸治(武蔵野美術大学)

■第二部 外からみた日本農村 ?ジョン・エンブリーを中心に
○写真と解説:エンブリーの見た須恵村の復元とその現代的意義
 神谷 智昭(琉球大学)
○エンブリー夫妻の日米戦争と須恵村の協同
 田中 一彦(ジャーナリスト・元西日本新聞社)
○John Embree in the Cold War(冷戦のなかのエンブリー)
 デイビット・プライス(St. Martin’s University)
○文化人類学的日本研究のなかの『須恵村』
 桑山 敬己(北海道大学名誉教授・関西学院大学)
○エンブリーのハワイ島コナ日本人異文化接触論
 内海 孝(東京外国語大学名誉教授)
コメント:飯島 真里子(上智大学)

主催者HP・フォーラム案内
http://jominken.kanagawa-u.ac.jp/exhibition/list/191214.html

案内チラシPDF

[問合せ先]
神奈川大学日本常民文化研究所
〒221-8686 横浜市神奈川区六角橋3−27−1
TEL 045−481−5661 内線(4358) FAX 045−413-4151

【日本学術会議からのお知らせ】第19回アジア学術会議開催案内について

第19回アジア学術会議 開催案内について(FIRST Announcementの公表)
アジア学術会議事務局長
吉野 博

各位

下記の要領で、第19回アジア学術会議をミャンマーで開催します。
お誘い合わせの上ご参加ください。

■テーマ:アジアにおける持続可能な開発のための研究とイノベーション
(“Research and Innovation for Sustainable Development in Asia”)

■日 程:2019年12月3日〜12月5日

■会 場:グランドアマラホテル(ミャンマー・ネピドー)
     ( www.grandamarahotel.com

■主 催:The Myanmar Academy of Arts and Science

■スケジュール
2019年7月18日: 論文要旨(Abstract)提出期限
2019年8月30日: 審査結果通知(Notification of Acceptance of Paper)
2019年10月5日: 論文全文(Full Paper)提出期限
2019年11月12日: プレゼン資料(presentation material)提出期限

■使用言語 英語

■(論文募集テーマ)
1. Revitalize Asian Partnership for achieving Sustainable Development
・ Ensure access to affordable, reliable, sustainable and modern energy for all
・ Build resilient infrastructure, promote sustainable industrialization and foster innovation
・ Development of Healthy Cities
・ Take urgent action to mitigate and adapt to climate change and its impact
・ Disaster Risk Reduction

2. Promote Skills Development for Economic Growth
・ Decent work, economic growth and employment
・ Quality education, ensure inclusive and quality education for all and promote lifelong learning
・ Ensure that all girls and boys take completely free, equitable and quality primary and secondary education
・ Ensure that all learners acquire the knowledge and skills needed to promote sustainable development

3. Diversify Utilization of Natural Resources for Sustainable Development
・ Ensure access to water and sanitation for all
・ Ensure sustainable consumption and production patterns of energy sources
・ Conserve and sustainable use of the oceans, seas and marine resources and protect rivers
・ Manage forests and halt biodiversity loss

4. Alleviate Poverty through Socio-economic Development
・ End poverty in all its forms everywhere
・ End hunger, achieve food security and promote sustainable agriculture
・ Medical care for good health and well-being

受領したアブストラクトにつきましては、主催アカデミーであるThe Myanmar Academy of Arts and Scienceが慎重に審査し、発表するに相応しいと判断されたアブストラクトについては採用通知を8月30日までにお送りします。
第19回アジア学術会議における論文募集の詳細については以下をご覧ください。
・第19回アジア学術会議専用サイト(主催アカデミーHP)
http://www.maas.edu.mm/sca19/

・問い合わせ先
(日本学術会議事務局 アジア学術会議事務局)
Email: sca_secretariat[at]cao.go.jp
Tel: 03-3403-1949
(主催アカデミー The Myanmar Academy of Arts and Science)
Email: sca19[at]maas.edu.mm
Tel: +95(1)539635

【社会学系コンソーシアムからのご案内】

社会学系コンソーシアム・ニュースレター11号が刊行されました。

※ ニュースレターは、こちらをご参照ください。

【日本学術会議声明】「軍事的安全保障研究に関する声明」

すでに多く報道されておりますとおり、2017年3月24日付で声明が発表されました。
詳しくはこちらをご覧ください。

その他の情報

現在、その他の情報は特にありません。

バナースペース

日本村落研究学会事務局

学会事務局
〒819-0395
福岡県福岡市西区元岡744 九州大学 人間環境学研究院 山下亜紀子研究室内
TEL: 092-802-5178
e-mail:akiko-y8〔at〕lit.kyushu-u.ac.jp

口座記号番号:00150-9-387521
口座名:日本村落研究学会(ニホンソンラクケンキュウガッカイ)