本文へスキップ

The Japanese Association for Rural Studies
[English]

緊急情報

村落社会研究ジャーナル 45号の損紙(白紙)について


 2016年10月25日に発行した村落社会研究ジャーナル45号において、一部の冊子に白紙状態のページが含まれていることが判明致しました。印刷工程において、印刷機に用紙が二枚通ったことが原因であり、その結果、少なくとも8ページ分の白紙が製本されたジャーナルに紛れ込んでいる状態です。
 これまでのところ、事務局の在庫分には白紙がなかったことを確認済みであり、また会員の方1名から白紙1ページを含む冊子が届いた旨、報告を受けています。
 会員の皆様にお送りしたジャーナルの中に白紙が混じっている可能性が高い状況ですので、たいへん恐れ入りますが、お手元にある冊子の中身をご確認下さいますようお願い申し上げます。白紙があった場合は、編集委員長の福田(f9h-k4h-yhsd_hotmail.co.jp または satoshif_hiroshima-u.ac.jp)までご一報ください(左記アドレスのうち_の箇所は@です)。新しいジャーナルと交換いたします。
 こうした問題が生じたことにつきまして、会員の皆様に深くお詫び申し上げます。今後は、印刷所において2枚通し防止の対策を図り、検品もれがないようにチェック体制を強化する所存です。

平成28年12月1日
村落社会研究ジャーナル編集委員長
福田 恵


熊本大分地震に関する学会費減免措置について

2016年4月14日以降連続的に発生している熊本大分地震で多大な被害を受けられた会員の皆様にお見舞いを申し上げますとともに、一刻も早い地震の終息と復興を祈念します。村研理事会として可能な支援策について検討をしてきましたが、以下のように会費減免措置を講ずることとしました。

 @自己申告にする。周知方法は、「村研通信」(本246号、次号247号)に掲載、村研HP掲載。
 A減免の対象者は、熊本・大分の会員。院生会員は全額免除、正会員は半額。
 B対象年度は、まずは2016年度。2017年度以降どうするかは、状況を見ながら判断する。
 C2016年度会費を既に振り込み済みの場合、事務局へ連絡してもらい、指定の口座に返金(手数料は会員本人の負担)。 まだ振り込みをしていない場合、事務局へ減免希望を申し出てもらう。

なお、理事会としては、激甚災害指定がなされた災害等に関しては、学会として会費減免の措置をとる、もしくはこうした措置について理事会の議を経て決定する、といった文書を理事会決定として残しておきたいと考えています。次回理事会で文言を検討し、決定する予定です。
(事務局)

公募情報

関連学会・団体などの情報

日本学術会議声明「軍事的安全保障研究に関する声明」

すでに多く報道されておりますとおり、2017年3月24日付で声明が発表されました。
詳しくはこちらをご覧ください。

その他の情報

「NHK番組アーカイブス学術利用トライアル」2017年度第1回

公募情報が公開されています。詳細はこちら

バナースペース

日本村落研究学会事務局

〒352-8501
埼玉県新座市中野1-9-6
跡見学園女子大学観光コミュニティ学部コミュニティデザイン学科
理恵子研究室
TEL: 048-478-4265
FAX:048-478-3746(学科代表)
e-mail:tsuru[at]atomi.ac.jp

口座記号番号:00150-9-387521
口座名:日本村落研究学会(ニホンソンラクケンキュウガッカイ)